山脇歯科

審美歯科1

歯科医師をしていると、とてもよく聞かれることがあります。
「どこの歯医者さんがいいの?」「どこの歯医者さんが上手なの?」

確かに歯医者さんの腕の良し悪しは、将来おいしくご飯が食べられるかどうか、美しいお顔になれるかどうか、に直接関係します。
それを知りたいからこそ、みなさまは周りの人の口コミやインターネットで検索して、自分の大切な体を任せることのできる人を探すのです。

では私達歯科医師が自分や自分の大切な人の歯を治療してもらうときに、誰に自分の体を任せるでしょうか?どうやってその歯科医師の能力を判断するのでしょうか?

歯科医師の目で見て、他の歯科医師の仕事内容・その能力を推し量るのは、「写真・症例発表」以外にはありません。それ以外のものでは、本当のところはよくわからないのです。

しかし一般の方から見て、「写真・症例発表」はわかりにくいものです。
そこでできるだけわかりやすく実例を解説してみました。

また、単純に美しいと感じられるものには、奥行きのある中身があるものです。
そして機能に優れたものには、自然と美しさが備わります。
ここにある美しい写真が撮影されるためには、そこに至るまでに膨大な努力が必要でした。

以下の症例写真はすべて当院で行われた治療によるものです。歯科雑誌・メーカーのパンフレット・他院のホームページからの転載ではありません。

簡単に白く美しく・ホワイトニングの効果

この方は、年々黄ばんでくる歯の色が気になる、ということを訴えておられました。

簡単に白く美しく・ホワイトニング効果

確かに、写真で確認すると、平均的な色よりも若干黄色みをおびています。
過去には、こういった黄ばんだ歯を白くするには、歯を多少なりとも削って人工の物を貼り付けたり、かぶせたりするしかありませんでした。
人工の物はいかに良くできていても、長い年月とともに壊れることがあります。
そして一度削ってしまった歯は二度ともとには戻りません。
そのため、少しずつ歯がなくなっていくというつらいことになっていました。
現在では、ホワイトニングを用いることで、大切なご自身の歯を一切削ることなく、自然で透明感のある白さを実現することができます。

今回はホームホワイトニングを用いています。
この当時はホームホワイトニングの方が効果も高く、後戻りも少ないのに対し、まだオフィスホワイトニングは、効果も低く、色ムラや強い知覚過敏のために使用がためらわれる状況でした。
現在では最も現在進歩したホワイトニングシステム、といわれているビヨンドシステムを用いてオフィスホワイトニングを行っています。

before

上顎ホワイトニング後、下顎元の色

after

下顎ホワイトニング後

まずは当時のプロトコル通りに上下を分けて行いました。
上顎がホワイトニング後、下顎が元の色です。
こうしてみることで、ホワイトニングの効果が実感できます。
その後、下顎を同じようにホワイトニングしました。

before

ホワイトニング前

ホワイトニング後

左がホワイトニング前の写真、右がホワイトニング後の写真です。
笑うとパッと明るい口元になり、大変喜ばれいました

白く美しく清潔な詰め物・オールセラミックインレー

そしてホワイトニングをはじめてから、5年が経過しました。

定期的なメインテナンスによって、5年経った現在でもとても美しいままです。
やはり天然の歯の美しさというものは、素晴らしいものです。

簡単に白く美しく・ホワイトニングの効果2

この方は、ホワイトニングを提案したところ、それはいい!ということで始められました。
ホワイトニング前は、特別暗いというほどでもなかったのですが、ホワイトニング後には、みずみずしい透明感のある、輝くような口元になりました。

before

ホワイトニング前

お口の中に修復物のない方は、ホワイトニングするだけでこれほどに美しく変わることができます。

after

ホワイトニング後

白く美しく清潔な詰め物・オールセラミックインレー

この方は、右下の詰め物がとれた、ということで来院されました。
まずは仮にふたをして、どのように治していくのかを打ち合わせしていきました。

白く美しく清潔な詰め物・オールセラミックインレー

咬み合わせには問題がなかったので、考えるポイントは素材にしぼられました。
素材によって異なる点は、美しさ、精密さ、強度、耐磨耗性、アレルギー、清潔さ、など多くあります。
オールセラミックスはとりわけ美しさ、アレルギー、清潔さという点で最も優れており、このような目に見えるところの小さな修復にはとても適しています。アレルギーの心配がないというのもこの方には大切な点だったようです。
今回は数々の点で優れているオールセラミックスを選びました。

白く美しく清潔な詰め物・オールセラミックインレー

仮のふたを外して、荒れている表面を滑らかにしたところです。
いかに優れた素材であっても、丁寧な処置がなされていないと、保険の金属にも劣る結果になります。適当につくられたオールセラミックスほど始末の悪いものはありません。
よい仕事をする人は、素材がよいものであってもそうでなくても、する仕事はベストを尽くします。われわれ歯科医師も他の職業の方から学ぶことが数多くあります。

上下のシリコン印象

上下のシリコン印象です。精密な印象採得を目指す場合は、型取りをする側の顎だけでなく、反対側の顎もシリコン印象を行います。
そうでないと、上下の模型が精密に咬み合わない状態で作業することになります。その結果咬み合わせの精度が下がってしまいます。

オールセラミック インレー

技工製作:山本桂輔氏 (Ceram-ex代表)

完成したオールセラミック インレーです。
このようにしてみると、透明感があることがよくわかります。

オールセラミック インレーを装着

オールセラミック インレーを装着したところです。
装着するときには、必ず接着性レジンセメントという高性能なセメントを使います。
このタイプのセメントは正しく使えば高性能が得られますが、少し間違えるとすべてが失敗に終わります。そのため、オールセラミックスの装着にはレジンセメントの十分な理解と慎重な操作が求められます。
オールセラミックスは乳白色で透明感があるため、天然の歯の部分に色調がとけこんでまるで一体のもののように見えます。

オールセラミック インレーを装着

オールセラミック インレーを装着

before

ホワイトニング前

after

ホワイトニング後

治療前と治療後の写真です。
天然歯と同じように修復され、区別できません。
清潔さにもアレルギーの点でも優れています。
まるで自分の歯がもとに戻ったようだと喜んでいただきました。

大きなむし歯をできるだけ歯を削らずに、白く美しく高機能なオールセラミックスで修復

この方は、左下の詰め物がとれたということで来院されました。
特に痛みや違和感を覚えることもなかったそうなのですが、詰め物の下は腐食が進んで真っ黒になっています。
前後の銀歯もよくみると歯質との境界がめくれあがり、診査用の針の先がそこかしこでひっかかりました。

大きなむし歯をできるだけ歯を削らずに、白く美しく高機能なオールセラミックスで修復

よくお話をきいて打ち合わせを行いました。
奥の銀歯が昔からとても嫌だったそうなのですが、どうしたらよいのかわからなかったそうです。
ここでも問題になるのは、素材と方法です。
現在の状況を説明しますと、これからも心配がないことと、清潔で美しく、アレルギーのないものを希望されまし た。 これらの条件を満たせる素材はオールセラミックスしかありません。

従来ですと、このような大きく歯が欠けてしまった場合は、歯の周囲をぐるりと削って全体をかぶせることがほとんどでした。
しかしそれでは歯質を大きく削ることで体には大きなダメージになります。長期的にみると歯の寿命は必ず短くなります。
そこで今回は、オールセラミックスを使用できるということから、積極的に接着修復を行い、できるだけ歯質を削らない修復を目指しました。
接着修復というのは「ボンディッド レストレーション」とも呼ばれ、従来の「コンベンショナル レストレーション」とは異なり、「接着」という技術を使って可能な限り歯質を保存しようという修復体系です。
しかし「接着」というのは実に難しいところの多い技術であり、使う場合は慎重に診査・診断を行って、確信が持てたときに限らなくては、手痛い失敗をすることになります。

大きなむし歯をできるだけ歯を削らずに、白く美しく高機能なオールセラミックスで修復

腐食した部分をすべてとりのぞき、清潔な面をだして、滑らかな形にしました。
治療前に比べても、ほとんど歯質を削っていないことがわかります。
この状態で、精密なシリコン印象を行います。

大きなむし歯をできるだけ歯を削らずに、白く美しく高機能なオールセラミックスで修復

完成したオールセラミック オンレーです。
このような形で修復できるのは、接着技術の進歩によるもので、従来であれば不可能でした。
接着性レジンセメントによって装着します。
オールセラミックスは半透明のため、セメントや残っている歯の色の影響を受けます。接着性レジンセメントは複数の色を選べるようになっているので、多少の色調の補正ができます。
私はほとんどのケースでクリアのセメントを選びます。最もセラミックスの色を活かすことができるからです。

大きなむし歯をできるだけ歯を削らずに、白く美しく高機能なオールセラミックスで修復

治療後の状態です。
透明感のあるオールセラミックスによる修復であるため、天然歯のように美しく回復することができました。
清潔さ、アレルギーに対しても優れています。
強度、耐磨耗性も高いため、割れることも磨り減って咬まなくなることもありません。
前後の銀歯はとても浅くて小さなものだったので、直接コンポジットレジン修復で治療しています。
もちろん重要な咬みあわせ・機能性についても十分な配慮がなされています。

before

ホワイトニング前

after

ホワイトニング後

治療前、治療後の写真です。
これほど美しく、機能的に回復されていながら、ほとんど歯質を削っていません。
大変自然で違和感もなく、安心できるようになったとおっしゃっていただきました。

大きなむし歯をできるだけ歯を削らずに、白く美しく高機能なオールセラミックス
で修復2

オールセラミックス

これも同じようなケースです。

大きな詰め物が取れてしまいました。

オールセラミックス

表面をきれいにして

オールセラミックス

型取りをして、セラミックスをつくります。

オールセラミックス

オールセラミックスが装着されました。
隣の天然歯に比べても、まったく違いがわかりません。

オールセラミックス

横から見たところです。
境目も見えません。やはり天然歯と比べても違いがわかりません。

before

オールセラミックス

after

オールセラミックス

治療前、治療後の写真です。

まさに限りなく、元の生体通りに回復されています。

欠けてしまった前歯をほとんど削らずにオールセラミックスで修復 ラミネートベニア

この方は昔に詰めたプラスティックの周りの歯が欠けた、ということで来院されました。
ちょうど真ん中の歯の先が欠けています。
それに右の歯の隣り合ったところの古いプラスティックが変色しています。

欠けてしまった前歯をほとんど削らずにオールセラミックスで修復 ラミネートベニア

最も歯を削らずにすむのは、欠けたところにだけプラスティックを詰める方法です。
しかし咬み合わせを診査したところ、ここにプラスティックを詰めても欠けてしまうことがわかりました。どうしても下の歯と干渉してしまうのです。干渉は調整して解消したのですが、プラスティックでは将来的には不安が残ります。また変色も気になります。
そこで素材については、美しさ、透明感、清潔さという点でオールセラミックスが適切な治療となります。
方法としては、クラウン(かぶせる)形態だと、歯を多く削ることになります。

もう一つの方法としてラミネートベニアというものがあります。
歯の表面を一層だけ薄く削り、それにあわせて薄いセラミックスを貼り付けるというものです。
イメージとしては付け爪のような感じです。
ここでは歯を削る量を最小限にしたラミネートベニアを行いました。

欠けてしまった前歯をほとんど削らずにオールセラミックスで修復 ラミネートベニア

欠けた歯の表面を一層0.5mm~0.7mmの厚みだけ薄く削り、右側の古いプラスティックもあわせて取り除きました。
後ほど提示するオールセラミッククラウンに比べると、はるかに歯を削る量が少ないことがわかります。
力のコントロールがなされて、構造力学に問題がなければ、歯を削る量を少なくすることで、歯の寿命を長くすることができます。

欠けてしまった前歯をほとんど削らずにオールセラミックスで修復 ラミネートベニア

歯を削って形を決めた後に、30分程度で仮の歯を作ります。

欠けてしまった前歯をほとんど削らずにオールセラミックスで修復 ラミネートベニア

プロビジョナルレストレーション(精密な仮歯)を装着したところです。
もうこれでよいのではないですか?とよく言われますが、素材に長期耐久性がないのでそういうわけにはいかないのです。
この写真から、たとえ歯を削ったとしても、その日に歯がないままお帰りしていただくことや、汚い仮歯で我慢していただくことはないことがわかると思います。

欠けてしまった前歯をほとんど削らずにオールセラミックスで修復 ラミネートベニア

技工製作:山本桂輔氏 (Ceram-ex代表)

完成したラミネートベニアです。素材はもちろんオールセラミックスです。

欠けてしまった前歯をほとんど削らずにオールセラミックスで修復 ラミネートベニア

ラミネートベニアを装着したところです。
そのみずみずしい美しさと周りの歯との調和が伝わってきます。
ラミネートベニアは削る量が大変少ないので、その透明感は大変高いものが得られます。
それは同じオールセラミックスを使用したクラウンよりも高くなります。
そしてオールセラミックスの特徴である、変色しない美しさ、清潔さも大切な点です。
この方にはその美しさに大変満足していただきました。

before

欠けてしまった前歯をほとんど削らずにオールセラミックスで修復 ラミネートベニア

after

欠けてしまった前歯をほとんど削らずにオールセラミックスで修復 ラミネートベニア

治療前、治療後の写真です。

お問い合わせ メール相談

山脇歯科

〒710-0816
岡山県倉敷市八王寺町37-20

TEL 086-425-5000
FAX 086-476-1755

歯科治療費に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

山脇歯科医院 ネット受付サービス

ページトップへ