山脇歯科

歯周外科

歯科医師をしていると、とてもよく聞かれることがあります。
「どこの歯医者さんがいいの?」「どこの歯医者さんが上手なの?」

確かに歯医者さんの腕の良し悪しは、将来おいしくご飯が食べられるかどうか、美しいお顔になれるかどうか、に直接関係します。
それを知りたいからこそ、みなさまは周りの人の口コミやインターネットで検索して、自分の大切な体を任せることのできる人を探すのです。

では私達歯科医師が自分や自分の大切な人の歯を治療してもらうときに、誰に自分の体を任せるでしょうか?どうやってその歯科医師の能力を判断するのでしょうか?

歯科医師の目で見て、他の歯科医師の仕事内容・その能力を推し量るのは、「写真・症例発表」以外にはありません。それ以外のものでは、本当のところはよくわからないのです。

しかし一般の方から見て、「写真・症例発表」はわかりにくいものです。
そこでできるだけわかりやすく実例を解説してみました。

また、単純に美しいと感じられるものには、奥行きのある中身があるものです。
そして機能に優れたものには、自然と美しさが備わります。
ここにある美しい写真が撮影されるためには、そこに至るまでに膨大な努力が必要でした。

以下の症例写真はすべて当院で行われた治療によるものです。歯科雑誌・メーカーのパンフレット・他院のホームページからの転載ではありません。

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

審美歯科、という言葉は今では相当一般的なものになってきました。
みなさまもなんとなくイメージできるのではないでしょうか?

「白い、きれいな歯」というのが思い浮かびます。

それを実現するために、ホワイトニング、ラミネートベニア、オールセラミッククラウン、などの手法を駆使します。

これらの手法は「歯の白い部分」に何らかの手を加えるものです。

しかし、それだけでは本当に美しい口元を創りだすことができないときがあります。

「歯ぐき・ピンクの部分」が不揃いであれば、歯の形がいびつになってしまい、不格好な白い歯になってしまいます。

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

そのような場合、歯周外科を応用することで、本当に美しい口元を創りだすことができます。

この方は前歯全体をきれいにしたい、とのことで来院されました。

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

全ての歯の色が、古いプラスチックのためにバラバラになっています。

ここで全ての歯をオールセラミッククラウンにして、白く透明感のある、統一された色にすることができれば、美しくなりそうなものですが、それだけではいびつなセラミックスが並んでしまい、何か不自然な感じになってしまいます。

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

緑の線は、それぞれの歯のつけね、歯ぐきとの境目を示しています。
このラインが調和がとれていないので、このままではどんなセラミックスを使っても自然な美しさにはなりません。

そこでこのラインを整えるために歯周外科を行いました。

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

歯周外科で最も重要なのは、骨のレベルの連続性です。
歯肉だけに小細工をしても、本質的な解決になりません。
歯ぐきのラインを整えるためには、歯を支えている骨のラインを整えなくてはなりません。

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

正確な切開、剥離、縫合が行われれば、傷の治りは早く、驚くほど痛みもありません。

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

ジルコニアオールセラミッククラウンを使用しました。

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

歯ぐきのラインを整えた上でジルコニアオールセラミッククラウンが装着されました。
美しいだけではなく、骨のレベルから調和のとれた、予知性の高い修復になっています。

before

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

after

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

治療前、治療後です。

歯周外科を応用することで、単に歯を白くするだけではない、生体と調和した自然な審美を創り出すことができます。

ページトップへ

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

この方も前歯全体を美しくしたい、とのことでした。

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

全体的に変色が強く、歯ぐきのラインは整っていますが、歯肉が薄く、歯の形も卵円形のため、歯と歯の間に黒い隙間があります。

この黒い隙間を「ブラックトライアングル」と呼びます。
審美治療をする上で、解決しておきたいことの一つです。
くすんだ歯や黒い隙間は、加齢を感じさせるため、これを改善する歯周形成外科は、年齢が若返った印象を与える、北米では非常にポピュラーな処置です。

初期治療が終わり、精密な仮歯が入りました。

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

やはりブラックトライアングルが残ります。

こういう場合には、歯ぐきの深いところまで歯を削り込んで、歯の形を長方形にして、このブラックトライアングルを塞ぐ、という方法がよくとられますが、このケースでは歯肉が薄く、歯根間の距離が広いため、その方法があまり有効ではなさそうです。

そのため、この歯と歯の間の歯肉のボリュームを増やして、この黒い隙間・ブラックトライアングルを塞ぐ計画を立てました。

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

歯周外科のなかでも最も難易度の高い、歯間乳頭再建術を行います。

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

歯周外科前

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

歯周外科後 3か月

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

歯周外科後 6か月

経過とともにブラックトライアングルが歯ぐきの熟成によって塞がっていくのがわかります。
この精密な仮歯はまったく同じものです。

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

そしてジルコニアオールセラミッククラウンを作製しました。

歯周外科によって歯と歯の間の黒い隙間を閉じた審美治療

そして装着したところです。
ブラックトライアングルがほぼ完全に閉鎖されているのがわかります。
また歯肉の熟成に伴い、他のところの下がった歯肉も若いときのように盛り上がってきました。

before

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

after

歯周外科によって歯ぐきのラインを整えた審美治療

治療前と治療後です。

完全に別人といっていいほど美しくなりました。
治療前のお口の印象が60歳代なら、治療後のお口の印象は20~30歳代にまで若返りました。
これはただ白い歯をかぶせるだけではなく、その美しさを計算して歯周形成外科を応用したからこそ達成できた、審美治療の結果です。

お問い合わせ メール相談

山脇歯科

〒710-0816
岡山県倉敷市八王寺町37-20

TEL 086-425-5000
FAX 086-476-1755

歯科治療費に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

山脇歯科医院 ネット受付サービス

ページトップへ