山脇歯科

インプラント治療の流れ

精密検査・治療計画

担当医によってインプラント治療に必要な診査を行います。ご自身の口腔内の状態やレントゲン写真を基に、まずインプラント治療が可能かどうか検討します。そして可能であればその後詳細な治療計画を立てて実際の治療へと移行します。

implant flow 01

implant flow 02

診断に基づいた治療計画の説明

精密検査での資料を元に診断し、より詳しい治療計画のご説明をします。

implant flow 02

必要に応じて、ワックスで最終的な被せ物を作った模型を用いて治療計画の説明をします。

上顎全てをインプラントで

インフォームドコンセント(十分な説明と理解)が十分に行われてから治療を開始します。

術前処置

インプラント治療を行う前に、必要な口腔内環境を整えるための治療を行います。
むし歯の処置や歯周病の治療などがあります。

また、骨量が不足している方には骨の再生治療を行います。

implant flow 05

implant image25

インプラントの埋入手術

implant flow 07

インプラント(人工歯根)を顎の骨に埋入します。

implant flow 08

状況に応じて、2つのオプションがあります。
1回法では、インプラントを埋入した後、臨時アバットメントを取りつけます。

implant flow 09

2回法では、インプラントを埋入した後、歯ぐきで包みます。アバットメントは後日取りつけます。

implant flow 10

治癒期間

基本的にインプラントは、骨としっかり結合されるまでの治癒期間が必要です。

その治癒期間は、おおよそ下顎で3ヶ月、上顎では6ヶ月を必要とします。

implant flow 11

アストラテックインプラントの最新表面性状のものでは、この期間が半分から2/3に短縮されます。
つまり、下顎で1カ月から1ヶ月半、上顎で2ヶ月から3ヶ月になります。

この期間中は仮歯を入れることができるので、日常生活には支障がありません。

implant flow 12

アバットメント(連結部品)の取り付け

implant flow 13

1回法では、インプラントが骨組織に結合した後に臨時アバットメントを最終アバットメントと置き換えます。

implant flow 14

2回法の場合は簡単な切開により歯ぐきを開いてアバットメントを取りつけます。

implant flow 15

implant flow 16

implant flow 17

implant flow 18

このとき歯ぐきを増やす手術を行うこともあります。

implant flow 19

人工の歯の作製

インプラントの部分を含めた口腔内全体の印象採得(型取り)を行い、失われた歯の部分を作製していきます。適切な色と形に特に注意が払われ、この結果新しい歯は本物とほとんど同様に仕上がります。

implant flow 20

作製後、人工の歯をアバットメント(連結部品)に装着して完成です。

implant flow 21

メインテナンス

インプラントを長期間安定して使い続けるためには、適切なホームケアと定期健診によるプロフェッショナルケアが不可欠です。

implant flow 22

担当医の指示に従い、適切なメインテナンスプログラムを実施してください。

implant flow 22

お問い合わせ メール相談

山脇歯科

〒710-0816
岡山県倉敷市八王寺町37-20

TEL 086-425-5000
FAX 086-476-1755

歯科治療費に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

山脇歯科医院 ネット受付サービス

ページトップへ