山脇歯科

インプラント 臼歯

歯科医師をしていると、とてもよく聞かれることがあります。
「どこの歯医者さんがいいの?」「どこの歯医者さんが上手なの?」

確かに歯医者さんの腕の良し悪しは、将来おいしくご飯が食べられるかどうか、美しいお顔になれるかどうか、に直接関係します。
それを知りたいからこそ、みなさまは周りの人の口コミやインターネットで検索して、自分の大切な体を任せることのできる人を探すのです。

では私達歯科医師が自分や自分の大切な人の歯を治療してもらうときに、誰に自分の体を任せるでしょうか?どうやってその歯科医師の能力を判断するのでしょうか?

歯科医師の目で見て、他の歯科医師の仕事内容・その能力を推し量るのは、「写真・症例発表」以外にはありません。それ以外のものでは、本当のところはよくわからないのです。

しかし一般の方から見て、「写真・症例発表」はわかりにくいものです。
そこでできるだけわかりやすく実例を解説してみました。

また、単純に美しいと感じられるものには、奥行きのある中身があるものです。
そして機能に優れたものには、自然と美しさが備わります。
ここにある美しい写真が撮影されるためには、そこに至るまでに膨大な努力が必要でした。

以下の症例写真はすべて当院で行われた治療によるものです。歯科雑誌・メーカーのパンフレット・他院のホームページからの転載ではありません。

最も基本的なインプラント修復

現在では多くの歯科医師がインプラントを手がけています。 その説明は丁寧ですし、その埋入本数の実績を誇る方もいます。 しかし、その出来栄えは、美しく天然の歯と変わらないほどの素晴らしいものから、ただインプラントを放り込んだだけ、というものまで、歯科医師の技量とお口の中の条件によって大きく異なってきます。

このケースは奥歯に1本のインプラントを入れた、一番基本となるものですが、切開線、インプラントの位置、歯肉形態、プロビジョナルレストレーション(精密な仮歯)、といったインプラント治療を成功に導くための、多くの要素を考えて行ったものです。

最も基本的なインプラント修復

この方はまだ20代ですが、不幸にして奥歯を1本失ってしまいました。 こういった場合の治療方法には、入れ歯・ブリッジ・インプラント、と3つの方法が考えられます。
この方は将来を考えて、これ以上歯をなくさないために、インプラントを選ばれました。

これがインプラント埋入前の状態です。
申し訳ないことに写真では茶色くなっていますが、これは消毒液の色です。

最も基本的なインプラント修復

歯肉を切開して、インプラントが埋入されたところです。

歯肉を切開するときは、その切開線の設計をよく考えないと、歯ぐきは下がり隙間が出来てしまいます。
隣の歯との間の歯肉が下がらないように、奥歯であっても切開線を工夫しています。

インプラント治療はその成功・失敗の多くが、その「位置・埋入ポジション」で決まります。
その他にも多くの要素があるのですが、何よりもこの「位置・埋入ポジション」がずれてしまうと、その後に色々な問題が起こることがあります。歯ぐきの位置がおかしい、歯ぐきが腫れやすい、磨きにくい、咬みにくい、本来咬まなくてはならない位置では咬めない、などです。つまり、美しくすることも、長持ちさせることも、難しくなります。 実際、許される誤差は1mm以内です。
このケースでは慎重に位置決めを行って、良好な位置に埋入することができました。

最も基本的なインプラント修復

歯肉が治癒したところです。
このケースでは、骨・歯肉の状態が良かったため、埋入から2ヶ月で仮の歯を入れていきます。

最も基本的なインプラント修復

歯肉を治癒させるためのカフを外したところです。歯ぐきの底にインプラントが見えます。
この写真でわかることは、アストラテックインプラントの歯ぐきとの調和の素晴らしさです。他メーカーのインプラントでは、このようにすっきりとしたインプラントと歯ぐきの境目を観察することはできません。
それがどういうことかというと、インプラントと連結されるアバットメントが精密に連結されるということです。他のメーカーのものでは、明らかに歯肉がインプラントの上に被っていてアバットメントを連結すると歯肉を挟みこんでいるものがみられます。そうなってしまうとそこから細菌が進入して炎症が起こり、インプラントの周りの骨が吸収して、インプラントが失敗してしまうことがあります。
アストラテックインプラントではそういったことが起こりません。

最も基本的なインプラント修復

アバットメント(インプラントと冠との連結部品)をインプラントに接続したところです。

最も基本的なインプラント修復

同じく横からみたところです。

最も基本的なインプラント修復

そしてプロビジョナルレストレーション(精密な仮歯)を装着し、しっかりと咬めるか、歯みがきはしやすいか、歯ぐきが腫れたりしないか、といったことを観察し、問題があれば修正していきます。

最も基本的なインプラント修復

プロビジョナルレストレーション(精密な仮歯)を装着した横からの写真です。
この段階で、歯ぐきと調和していることがわかります。
ほとんどの方はここでもう治ったと勘違いされます。

最も基本的なインプラント修復

技工製作:山本桂輔氏 (Ceram-ex代表)

プロビジョナルレストレーション(精密な仮歯)を調整し、その情報を写しこんだ最終の修復物です。
ここではメタルセラミックスを使用しました。

最も基本的なインプラント修復

メタルセラミックスを装着したところです。
横の天然歯と比べてもわからないほどの完成度です。
ただ美しいだけではなく、咬む・咬みあわせを安定させるといった機能的な面にも十分な考慮がされています。

最も基本的なインプラント修復

装着したメタルセラミックスを横から見た写真です。
歯ぐきのラインが隣の歯と自然に調和していることがわかります。
隣の歯との間も大きな隙間が空いたりはしていません。
これは切開線の工夫と適切なインプラントの位置、カフの適切な使用で実現したものです。
そしてプロビジョナルレストレーション(精密な仮歯)によって実際の使用感についても確認された上で製作されているので、間違いがありません。

before

最も基本的なインプラント修復

after

最も基本的なインプラント修復

現代のインプラントは、条件さえ整えることができれば、このようなレベルで修復することが可能です。

このインプラントを装着したことによって、これからの長い人生で、ブリッジが繰り返し壊れて、奥歯をなくして入れ歯になってしまう、というコースを避けられそうです。

この方も大変な恐がりさんで、インプラントの手術にとても不安をもっていらっしゃったのですが、いざやってみると、まったく痛くなかったそうです。こういう方は最近特に多いです。

ページトップへ

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

この方は、左下の歯が根ごと折れてしまい、歯を抜くことになり、その後に部分入れ歯を入れてみたものの、その違和感がどうしても耐えられない、ということでご相談にいらっしゃいました。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

一般的な部分入れ歯が入っていましたが、やはり違和感が強いようです。違和感には個人差があり、あまり出来の良くない入れ歯でも違和感を感じない方もいれば、精密につくられた最良の入れ歯でも違和感を感じてしまう方もいらっしゃいます。

全体的な検査の結果、左下だけではなく右下の歯も折れていることがわかり、このままではさらに大きな入れ歯になってしまうことになります。

それは耐えられない、ということで、失ってしまった歯の再建のために、左右両側のインプラント治療を計画しました。

入れ歯とは異なり、インプラントでは違和感はありません。自分の歯と同じように感じられます。その上、もともとそこにあった歯が負担していた力をインプラントが引き受けることで、他の大切な歯の過剰な負担を減らすことができます。

インプラント治療も最近ではよくみられるようになってきました。
しかし、その多くの歯科医院では、どれだけ短期間で入るかということや、どれだけ低コストかということや、インプラントをいかにして顎の骨に入れるかという外科的なこと、ばかりが考えられています。
それではインプラントは入ったけれども本来の役割の半分も果たせない、という事態が起きてしまいます。
多くの場合、精度の高いレベルの咬み合わせ・機能的な面が考えられていません。
確かに以前より咬めますし食べられますが、本来ここまで安定してスムーズに咬めるというレベルではありません。
何よりも、将来長い期間にわたって安定して他の歯や歯並び、顎の関節を守り、おいしくものを食べ、笑顔を支える、咬み合わせの役割というものが考えられていません。

インプラントを含む歯科治療を成功させるためには、ただ歯のないところにインプラントを入れるだけではなく、過去100年にわたって発展してきた歯科医学を総合的に理解し、歯内治療、歯周治療、咬合補綴治療、といった全ての要素を完成度高く行う必要があります。

インプラントも総合的な歯科治療の一部であり、治療のひとつの手段です。
その役割は失った歯の現在最も確実な回復です。
決してただインプラントを入れただけでは歯科治療は成功しません。往々にして、インプラントは成功したけれども、歯科治療は失敗した、もしくは不完全に終わった、ということが起こります。

ここでは包括的な歯科治療の手順にのっとり、基礎資料の採得を行い、その他の問題点をクリアにして、それらの問題点の原因を一つずつ確かめ、総合的な治療計画を立てました。そして全体的な歯周病治療を徹底して行い、第一段階の仮歯を使って咬み合わせを繰り返し調整します。そして得られた顎位(咬み合わせる位置)を基準にしてインプラントを埋入しました。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

そして最も重要な最終段階のプロビジョナルレストレーション(精密な仮歯)を装着しました。

日本の多くの歯科医院では、このプロビジョナルレストレーションを精密に使用するという治療が行われていません。
型を取ってはすぐに、最終修復物を入れてしまいます。
それでは、治療期間は短くできるのですが、本当にその修復で大丈夫なのかという確認ができていないので、本当に美しいのか、本当に自然に顎が動いて咬めるのか、将来も壊れないのか、という大切なことがまったくわかりません。
これでは、長持ちしたらいいな、という賭けのような治療です。

当院では、プロビジョナルレストレーションを慎重に調整し、経過観察を行って問題がないことを確認した後、その形態を最終修復物に反映させます。
そのため、美しさ、機能性、耐久性を確実なものにすることができます。
たとえば、咬み合わせが改善すると、顎の関節は少しずつ回復し、本来の一番自然な位置に戻ってきます。つまり、咬み合わせの改善が進めば進むほど、最初の歯がなかったころに咬む位置と、本来の一番自然な咬む位置とはズレがでてくるのです。
そのため、顎の関節の回復にあわせて少しずつプロビジョナルレストレーションを調整し、このズレを補正していくのです。
このこと一つとっても、プロビジョナルレストレーションを使わないで治療することの危険性がわかると思います。

最終修復物は広い範囲であることと、インプラントの上部構造であることを考えて、美しさ・精密さ・耐磨耗性・強度・咬合安定性といった多くの要素に優れた、メタルセラミックスとしました。

多くの歯科医院では、広範囲の修復をするときでも、型取りをして次回には最終修復物を入れてしまいます。
型取り・印象採得には必ず誤差が出ます。小さな範囲の修復では問題にならないような誤差でも、広範囲の修復ではその誤差が積み重なって大きな誤差になります。
そのため、広範囲の修復ではこの誤差をどのように補正するかが大変重要になります。
包括的歯科治療では、この誤差を補正する工程は最初から計算に入っています。インプラントがない時代にこの工程はすでに確立されていました。
天然歯と違って、骨に固定されてまったく動かないインプラントは、天然歯とは比較にならない精度が必要になります。そのため、誤差の補正が天然歯以上に重要になります。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

左の写真が誤差の補正の工程になります。
メタルフレームを分割して、お口の中で直接位置の補正をしているところです。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

ちょうどこのような状態で連結する二つの冠の位置関係をお口の中で直接記録するので、型取りの誤差を修正することができます。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

この位置関係で、鑞着という溶接に近いようなことをして、冠同士を連結します。
こうすることによって、型取りから直接つくったメタルフレームよりも高い適合精度を実現できます。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

誤差を補正したメタルフレームは、もう型取りから起こした作業用の模型には戻りません。
そのため、このメタルフレームを使って、もう一度型取りをして新しい作業用の模型を作ります。
そのための、レジンダイと呼ばれるパーツです。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

お口の中に誤差を補正したメタルフレームを入れたところです。
ここからピックアップインプレッション、リマウントプロシージャーという古典的かつ信頼性の高いテクニックを使って、最終修復物であるメタルセラミックスをつくっていきます。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

精密な工程を経て、完成したメタルセラミックスです。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

上側がプロビジョナルレストレーション、下側がメタルセラミックスです。
プロビジョナルレストレーションの最終形態とメタルセラミックスの形態が同じであることがわかります。

これまでの、プロビジョナルレストレーションを煮詰める、という工程と、誤差を補正するという工程が、確実で信頼性の高い治療結果につながります。

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

治療後の状態です。

奥歯の治療でしたが、美しく、前歯を含む全体の咬み合わせを考えた精密な治療が完了しました。

before

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

after

臼歯部にインプラントとメタルセラミックスを用いた、高精度な審美機能修復

将来も変わらない審美性、精密な機能性と堅牢な構造力学を備え、これからの長い生涯にわたって、何らかのトラブルが起こっても、簡単に対処できるように対策が施されています。

ページトップへ

インプラントの方向性

インプラント治療において、インプラントの位置と方向は、治療の成功と失敗に直接つながる重要な要素です。

インプラントの方向性

治療前の状態です。
ここからインプラントを埋入していきます。

インプラントの方向性

それぞれのインプラントが天然歯と平行に埋入されています。
位置についても咬み合わせを十分に考えて決めています。

位置と方向の間違っているインプラントは多くのトラブルの原因となります。
正確で精密なインプラントの位置決め、方向づけを心がけています。

お問い合わせ メール相談

山脇歯科

〒710-0816
岡山県倉敷市八王寺町37-20

TEL 086-425-5000
FAX 086-476-1755

歯科治療費に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

山脇歯科医院 ネット受付サービス

ページトップへ