山脇歯科

インプラント 前歯

歯科医師をしていると、とてもよく聞かれることがあります。
「どこの歯医者さんがいいの?」「どこの歯医者さんが上手なの?」

確かに歯医者さんの腕の良し悪しは、将来おいしくご飯が食べられるかどうか、美しいお顔になれるかどうか、に直接関係します。
それを知りたいからこそ、みなさまは周りの人の口コミやインターネットで検索して、自分の大切な体を任せることのできる人を探すのです。

では私達歯科医師が自分や自分の大切な人の歯を治療してもらうときに、誰に自分の体を任せるでしょうか?どうやってその歯科医師の能力を判断するのでしょうか?

歯科医師の目で見て、他の歯科医師の仕事内容・その能力を推し量るのは、「写真・症例発表」以外にはありません。それ以外のものでは、本当のところはよくわからないのです。

しかし一般の方から見て、「写真・症例発表」はわかりにくいものです。
そこでできるだけわかりやすく実例を解説してみました。

また、単純に美しいと感じられるものには、奥行きのある中身があるものです。
そして機能に優れたものには、自然と美しさが備わります。
ここにある美しい写真が撮影されるためには、そこに至るまでに膨大な努力が必要でした。

以下の症例写真はすべて当院で行われた治療によるものです。歯科雑誌・メーカーのパンフレット・他院のホームページからの転載ではありません。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

この方は右上の前歯がグラグラするということで来院されました。

非常に力の強い方で、歯ぎしりの結果、犬歯が摩耗してしまったため、この歯に負担がかかり折れてしまったようです。

そのため、まず歯ぎしり対策として犬歯を修復したうえで、隣の折れてしまった歯をインプラントで修復することになりました。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

治療前です。

真ん中のかぶせの入った歯が、根っこから折れています。
こうなってしまうと抜くしか治療法がありません。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

抜いて2か月後の状態です。
歯が抜けると、多くの場合、歯によって支えられていた歯と歯の間の歯肉、歯間乳頭は萎縮してしまいます。
その結果、インプラントを入れても、歯と歯の間に黒い隙間・ブラックトライアングルができてしまい、年を取った印象になってしまいます。

今回はそれを避けるために、インプラント周囲の骨と歯肉の再生を行いました。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

インプラントを埋入しています。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

完璧な位置に埋入できました。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

水平的に骨が不足しているため、骨再生を行います。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

骨を再生するための、人工骨と人工膜を設置します。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

その後、インプラントの骨結合を待って、インプラント周囲の歯肉再生を行います。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

今回は最も難易度の高い「トンネリング」を用いました。
歯ぐきを一層骨から浮き上がらせます。しかし切り離してはいけません。
内視鏡手術に似ています。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

その浮き上がらせたスペースに、口蓋から採取した結合組織を滑り込ませます。
このようにして歯肉のボリュームを増やし、インプラント周囲の血液供給を増やします。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

インプラント周囲の歯肉の治癒を待って、型取りをしていきます。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

中間連結部品を接続して、さらに型取りをします。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

完成したインプラント修復です。

骨と歯肉の両方を再生しているため、長期的に安定した、天然歯のように美しいものになっています。

before

完璧な美しさ オールセラミッククラウン

after

完璧な美しさ オールセラミッククラウン

治療前、治療後の写真です。

審美領域のインプラントは、インプラント修復のなかでも難易度の高いものです。

それを成功に導くには、完璧な位置にインプラントを位置づけ、骨や歯肉を再生させるという高い技術と知識が必要です。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

インプラント治療には、歯を抜いてインプラントを同時に入れる、抜歯即時埋入という技術があります。

一見簡単そうに見えますが、非常に多くのルールがあり、それらすべてをクリアしないと失敗するというシビアな技術です。

安易に行うと、昨今問題になっているインプラントのトラブルを引き起こします。

審美インプラント インプラント周囲の歯肉を再建

しかし、成功すれば治療期間の短縮に加え、歯によって支えらえていた歯肉を失うことなく自然な修復ができます。

非常に難しく、制約も多いので、いつも可能な術式ではありません。
メリットがあり、可能なときには積極的に応用しています。

お問い合わせ メール相談

山脇歯科

〒710-0816
岡山県倉敷市八王寺町37-20

TEL 086-425-5000
FAX 086-476-1755

歯科治療費に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

山脇歯科医院 ネット受付サービス

ページトップへ