山脇歯科

院長紹介

院長 山脇 将貴

院長 山脇 将貴2

歯科医師の山脇将貴です。
自己紹介というよりも、私が歯科医師となって、師と仰ぎ、お世話になった方々へ「ありがとうございます」という気持ちを伝えたいと思います。

院長 山脇 将貴

所属学会
日本口腔インプラント学会
日本臨床歯周病学会
日本接着歯学会
OJ
Study group
SJCD (Society of Japan Clinical Dentistry)
OSI (Osseo Skarp Institute)
GPO (General Practitioners’ Orthodontics)

【経歴】

  • 平成11年 岡山大学歯学部 卒業
  • 平成13年 山脇歯科 院長就任
  • SJCDレギュラーコース(臨床歯周補綴)修了(包括歯科)
  • SJCDアドバンスコース(咬合補綴設計)修了(包括歯科)
  • OSIトレーニングコース 修了(インプラント)
  • SORG(下間矯正会)レギュラーコース 修了(矯正)
  • SORG(下間矯正会)アドバンスコース 修了(矯正)
  • 高度義治療義歯・総義歯臨床実技コース 修了
  • 総義歯補綴臨床コース 修了
  • The Graft seminar 修了(インプラント)
  • The Immediate Treatment 修了(インプラント)
  • OBI Japan seminar 修了
  • Kerr direct bonding seminar (Dr. Noboru Takahashi) 修了
  • Ivoclar Vivadent direct bonding seminar (Dr. Noboru Takahashi) 修了
  • OJ正会員
  • 古希の会会員
  • TDSC会員

歯科医師になったころ

私は歯科医師である祖父弘、父正臣の跡をうけて、歯科医師となりました。
岡山大学歯学部を卒業したのは平成11年の春でした。
当時、祖父は既に他界し、父は病のため診療ができない状態でした。
そのため、私はできるだけ早いうちに一人前の歯科医師として医院を運営しなくてはなりませんでした。
当時、私の周りの誰もが「大変だね」「難しいよね」「無理があるよね」という状況の中、どうにか今日まで歯科医師としてやってくることが出来ました。
それには、本当に多くの人々の支えがあったからだと、今では少し懐かしく思い、心があたたかくなります。

卒業後の進路

当時歯学部を卒業した学生には3つの進路がありました。
大学の講座へ所属する、大学院に進学する、そして開業医に就職する、の3つです。
私はお誘いいただいた講座もあったのですが、早くに医院を運営していかなくてはならないということから、父の友人に紹介していただいた先生方のもとで勉強させていただくという道を選びました。
その頃お誘いいただいた講座の先生、励ましていただいた多くの方々、今でもとても感謝しております。

そして無事卒業、国家試験を終え、開業医の先生のもとでの研修生活がスタートしました。お世話になった先生は、お一人は東原慶和先生、もうお一人は井上優先生です。
1週間のうち6日勤務して、東原先生と井上先生の医院を曜日ごとに往復しておりました。
当時同級生たちは「大変だね」「すごいよね」とみな口をそろえていましたが、私には別段苦痛なことなど何もありませんでした。
今まで学んできたことを、実際に形として表現できるということや、わからなかったことがわかるようになる、できなかったことができるようになる、新しい世界が広がって、自分が成長していくことが感じられる、その感覚が楽しくて、今思い出してもとても充実した楽しい日々でした。まるで昔、部活でずーっと泳いでいた夏の日と同じような感覚でした。
そして楽しかったのは仕事だけではなく、そこでお世話になったスタッフの方々の温かさにもふれることができたからだと思います。とりわけ、2つの医院のチーフからは母親のように接していただきました。
二人の先生にはそれぞれ得意とされる分野をしっかりと教えていただきました。教えていただいてわからないことは本で調べ、そしてまた教えていただいて・・という毎日でした。このころもかなり歯科臨床の本を読み込んだ時期です。

そして東原先生には、私たち夫婦の結婚式で、主賓として心温まるスピーチをいただきました。

私にとっては二人の先生は父親のような存在でしたし、師匠とは何かを教えていただいたように思います。

最高のものにふれる

そして自分自身で医院を運営してしばらく時が経ち、それなりに自信もできてきたころに転機がやってきました。
大学時代に色々とお世話になった先輩が、どうやら凄いところに勤務しているらしい、ということを聞き、一度見学させていただくことになりました。

先輩は高井基普先生という方で、現在ではコースの講師をされたり、歯科の書籍を出されたり、歯科雑誌に寄稿されたりしている、まさに日本の歯科臨床の最先端を行くDr.です。

当時高井先生が勤務されていたのは本多正明先生のオフィスで、東大阪にあります。倉敷から電車・新幹線を乗りついで2時間弱かかります。
初めてお伺いさせていただいたのは2003年の冬でした。
本多先生のお名前は歯科雑誌等で何度か見かけたことがあり、その記事も何度か読んではいたのですが、その内容は正直よくわかってはいませんでした。
その日は見学させていただいたのですが、何をしているのか、なぜそんなことをしているのか、さっぱりわからないことばかりでした。自分が今まで大学や歯科雑誌等で学んできた知識では理解できない世界でした。

本多先生は、1970年代にUSC(南カリフォルニア大学)で包括的歯科治療の先駆者にして第一人者、Dr. Raymond L. Kimに師事され、その後日本に初めてUSCの包括的歯科治療を導入し、現在でも日本の歯科治療の第一人者でいらっしゃいます。
日本最大のスタディグループ、SJCDを山崎長郎先生とともに創設され、現在はSJCD大阪の最高顧問であり、数々のコースでその精緻な理論・臨床を講演されています。

それまでにできた自信とはまた別に、新しい世界にふれたことで、また今までとは違った情熱がわいてきました。「本物にしっかりとふれたい。最高のものをみたい。」というものでした。一言でいうと「極めたい」というものなのかもしれません。

その日はたまたま夜に、本多先生、高井先生の主宰される勉強会が開かれていて、オブザーバーとして参加させていただきました。
事前に「とてもレベル高いよ」とはお聞きしてはいたのですが、昼の診療に輪をかけてわからないことだらけでした。参加メンバーのディスカッションのレベルが高すぎるのです。

それからまた新たな勉強の日々が始まりました。
月に一回から数回、大阪の本多先生のオフィスに行き、本多先生や高井先生の臨床を見学しお話を聞き、夜には勉強会に参加してそのディスカッションから学んでいきました。勉強会は夜の23:00ごろまで続くので、その日は倉敷には帰れません。ですから朝に始発で大阪から帰り、通常通り診療をします。
今でも同じように毎月大阪に勉強に行っています。

また、臨床見学や勉強会参加だけでは、基本的なことや重要なことが体系的にはわからないので、高井先生から勧めていただいた本多先生のコースを受講し、そのサーティフィケートを取得しました。
その講義・実習を時間にすると200時間くらいにはなるでしょうか。そしてそれを理解して実践するには、その10倍の時間を費やしているように思います。

また、この勉強会ではもう一人日本を代表する先生にお会いすることができました。
伊藤雄策先生です。
本多先生と同じく、アメリカに留学され、Dr. Raymond L. Kimに師事、SJCDの常任理事であり、日本のインプラント治療の草分けでいらっしゃいます。
ご自身でも、日本で最も信頼性の高いインプラントのスタディグループとしてOSIを主宰され、日本に科学的根拠に基づいた世界標準のインプラントを広めておられます。

現在インプラント治療はとても一般的なものになってきましたが、歯科雑誌でもよく見受けられるのが、「ただ歯がないからそこにインプラントをした」「根拠はないけどメーカーが大丈夫だといっているのでこのインプラントはすぐできます」というレベルのものです。

伊藤先生のインプラントは、アメリカ由来のSJCDの包括的歯科治療の体系と、インプラント発祥の地スウェーデンのイェテボリ大学と提携した世界で最も信頼性の高いインプラントの体系とが、しっかりと組み合わされた、他に例をみない素晴らしいものです。

伊藤先生にもオフィスでの臨床見学やOSIのコース受講、勉強会を通して、インプラントだけではなく、本物の世界標準の歯科治療を教えていただいています。

これまでの数年間、本多先生、伊藤先生、高井先生、そしてそのまわりの先生方から多くのことを学ばせていただきました。
けして出来の良い生徒ではなかったかもしれませんが、私には実りの多い時間でした。
これまでいただいたもので、これからの歯科臨床に取り組んでいく基礎と、目指していく世界標準のゴールが見えてきたように思います。

現在ここで表現している「コンセプト」の、”Cure(治療する)”の部分は、SJCDのコンセプトを私なりにわかりやすくしてみたものです。

本多先生から教えていただいた言葉で、心に深く残っているものが2つあります。

Bonafide dentistry
適切で、誠実で、良心的な、治療

知識や技術も含み、何よりもまず心においておくことです。
「どれだけ相手のことを考えているか、だ」と本多先生は言われていました。

Dentistry is a work of love
歯科医療とは「愛」の仕事

ここまで最高の知識や技術の体系を築いた方は、やはり最後にここに至るのだと深く感じ入りました。
本多先生ご自身が、その師Dr. Raymond Kim先生よりいただいたとのことです。

ここでの学びで関わりになったすべての方へ、本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

もう一つの世界

2004年の秋、気軽に申し込んだ、とあるセミナーでひっくり返るような体験をしました。
通常歯科のセミナーの内容は歯科医療の技術や知識であることがほとんどなのですが、そのセミナーは歯科医院の運営や来院者やスタッフとのコミュニケーションを中心とした、今までにないものでした。大事なことだとはわかっていても、ここまでやれるものだとは思っていませんでした。
それをここまでつきつめて実践されている方がいることに衝撃を受けました。

そこでそのセミナーで紹介されていたCHP研究会について調べ始めました。
するとどうもCHP研究会は、
「人がなぜ、歯医者に来るのかを考える」
「たどりついたのは、人は幸せのために歯医者に来る」
「健康をつくるのは本人」
「専門家の私たち(歯科衛生士、歯科医師)はお手伝いをするだけ」
「歯医者に来る人々(市民のみなさん)が、自発的に行動できる人々に変えていく」
「CHP研究会は、来院者が自発的行動を起こすことをサポートする勉強会」
「働く私たち、職業人の自立・自律をも応援する勉強会」
であるということがなんとなくわかりました。

もう少し調べてみると、CHPを実践している歯科医院リストに岡山大学歯学部同窓会倉敷支部でお世話になっている、宇治郷好彦先生のお名前がありました。現在ではCHP研究会の講師もされています。
そこでお話をさせていただいたところ、「一度見学に来てみたら?」ということで、見学に行かせていただきました。
緊張しながらも見学させていただいた、そこではまさにヘルスプロモーションが行われていました。

宇治郷先生は岡山大学歯学部同窓会の委員会や倉敷歯科医師会の委員会でもご一緒させていただいて、常日頃からいろいろな相談をさせていただいています。
私たち夫婦の結婚式では、乾杯のご発声と素晴らしいご挨拶をいただきました。

そしてCHP basicコースに参加しました。
今までにない参加・グループワーク型のセミナーで、考えたことのないテーマについて色々と考えることになりました。
ここで気づいたことは「知らないということを知る・できないということを知る」といったものでした。
新しい世界が開けて、課題が見えてきました。
ただ、まだまだわからないし、できないし、変われていませんでした。
当時のノートを今でも読み直すことがあります。
当時は「なるほど」「こう考えるのか!」と思い、今では「このシンプルなことが難しい」と感じます。

CHPは「歯」ではなく「人」を知り、考え、自分が成長して、まわりの人を変えていくところです。
なかなか簡単ではありません。

そこでCHP HTPコースに参加しました。
このコースは半年間にわたって、課題をチームで解決していき、コミュニケーションについて深く学ぶというものです。
この半年間は今思い返しても中身の濃い、充実したものでした。
コーチングを勉強し、ペアを組んで日々練習し、コースのある日はチームでディスカッションをし、夜遅くまで何時間も「人」について語ります。
この頃は、夏の暑い日に高知の海でコーチングの本を読んでいたり、コーチングペアと何時間も話し込んだり、最終発表に向けてチームのみんなで、夜遅くまでお酒を飲みながらチームのプレゼンテーションを作りこんだりしていたことを思い出します。
これほど深く人と話し込み、しっかりと受け止めてもらったことはありませんでした。
このコースを終えたときは、やり終えた達成感と、何かがわかった実感と、何かが変わった感覚が混ざり合って、まるで世界が違うように見えてきた感覚がありました。

その後はさらに人の心を深く知るために、当時まだ設立されたばかりのCHP NLPコースに参加しました。
NLPとはNeuro-Linguistic Programmingの略で、神経言語プログラミングと訳されます。
人がどのような仕組で現実を認識しているかを、神経(人間の五感)と言語の観点から研究したものです。心理学と言語学から、人の心はどのようにものを見て、どのように動くのかを追求した学問です。 もともと心理学は学生のころからとても好きで、書籍も数十冊ほど持っていました。丸善や紀伊国屋、図書館にある心理学関係の本にはだいたい目を通したことがあります。ですので、古典的な心理学の流れ、各派の特徴や内容はおおまかにはわかります。
その上で、NLPはとても面白く、納得のいくものでした。色々なところで見かける技法が体系的に紹介されてもいました。
ゆっくりですが、今でも学び続けています。

このCHPを主宰されている諸井英徳先生という方がとても面白い方で、CHPの面白さの半分はこの人に会いに行っているようなところがあります。
歯科医師なのですが、神戸大学経営学部大学院でMBAを取得したり、「歯医者に行く人の心理学」という本を書いたり、普通の歯科医師の枠を超えている人です。何より笑いを取ることを追求した歯科のセミナーは他にはありません。
ただ面白いというだけではなく、哲学のこと、社会のこと、サッカーのこと、幅広く熱く語ります。そしてしっかりと受け止める人です。

私はここCHPで多くの人に出会い、自分の仕事の意味と感謝することを、改めて知ったように思います。

今思うのは、深く知り、考えることはとても大切なことなのだけれども、一番大切なのは、相手のことを心の底から本当に深く想うことではないかということです。
「あなたを大切にします」
「あなたの歯をしっかりと治します」
「あなたの歯をしっかりと守ります」
「私たちにできることは、歯に関わる小さなことだけれど、そのことがあなたの幸せにつながりますように」
「ありがとう」
そういう気持ちをもっともっと強く大きくしていって、それが多くの人に伝わって、幸せを分かち合えて、感謝し合えるようになりたい。そう思っています。

現在ここで表現している「コンセプト」の、” Care(まもり育てる)“、”Communication(わかりあい、わかちあう)”の部分は、CHPのコンセプトを私なりにわかりやすくしてみたつもりです。

1本の旋律

これらの方々から、私は本物であること、自分のすることに誠実であること、心からのかかわりを持つこと、そのものを学んだように思います。そしてそう在りたいと思っています。

自分の正直な姿を表すところは、自分の中ではなく、相手の中です。
これらの方々は、私の中に、真実や誠実さ、本当に価値のあるものや、心からのかかわりを映してくださいました。
私は、これから出会う人の中に、これらのものを映していけるよう、自分の正直な姿を磨いていきたいと思います。

そしてその上で、自分のすることが、人に喜びを与えられるかどうか?
これが私のこれからの目標です。

これまで心からのかかわりを持つことのできた、すべての方へ、
ありがとうございました。

家族に

最後になりましたが、誰よりも、
このでたらめなほどに困難の多かった十数年を、泣きながらも歯をくいしばって耐え抜いた、偉大な母に、
天国で私たち家族を暖かく見守ってくれている、父に、
そしてまあなんというか、楽しい姉と弟に、
幸せを伝えてくれる、愛する妻と愛する子供達に、
いつもは言えない、ありがとうを伝えたいと思います。

ありがとう

追記
父正臣は2010年11月09日、病のため天に召されました。
私たち家族を見守り、あたたかい言葉をかけてくださり、父の死を悼んでくださった すべての方に 篤く御礼申し上げます。

お問い合わせ メール相談

山脇歯科

〒710-0816
岡山県倉敷市八王寺町37-20

TEL 086-425-5000
FAX 086-476-1755

歯科治療費に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

山脇歯科医院 ネット受付サービス

ページトップへ