山脇歯科

審美歯科 最小範囲

歯科医師をしていると、とてもよく聞かれることがあります。
「どこの歯医者さんがいいの?」「どこの歯医者さんが上手なの?」

確かに歯医者さんの腕の良し悪しは、将来おいしくご飯が食べられるかどうか、美しいお顔になれるかどうか、に直接関係します。
それを知りたいからこそ、みなさまは周りの人の口コミやインターネットで検索して、自分の大切な体を任せることのできる人を探すのです。

では私達歯科医師が自分や自分の大切な人の歯を治療してもらうときに、誰に自分の体を任せるでしょうか?どうやってその歯科医師の能力を判断するのでしょうか?

歯科医師の目で見て、他の歯科医師の仕事内容・その能力を推し量るのは、「写真・症例発表」以外にはありません。それ以外のものでは、本当のところはよくわからないのです。

しかし一般の方から見て、「写真・症例発表」はわかりにくいものです。
そこでできるだけわかりやすく実例を解説してみました。

また、単純に美しいと感じられるものには、奥行きのある中身があるものです。
そして機能に優れたものには、自然と美しさが備わります。
ここにある美しい写真が撮影されるためには、そこに至るまでに膨大な努力が必要でした。

以下の症例写真はすべて当院で行われた治療によるものです。歯科雑誌・メーカーのパンフレット・他院のホームページからの転載ではありません。

ほとんど歯を削らない極小の治療

ほとんど歯を削らない極小の治療

この方は検査の結果、とても小さなむし歯がみつかりました。
左の写真にむし歯があります。どこかわかるでしょうか?

ほとんど歯を削らない極小の治療

ズームすると銀歯の入った歯の手前に小さな穴があいているのがわかります。
小さいですが、れっきとしたむし歯です。放っておくと大きくなってしまいます。

このような場合、従来であれば、銀歯を外して手前の部分を大きく削って、新しい銀歯をはめこんでいました。銀歯をはめこむために、むし歯以外の健康な歯質も削らなくてはなりませんでした。しかし、そういった繰り返しの結果、歯はなくなっていくのです。

そこで近年、接着技術の進歩により、ほとんど歯を削らずに、むし歯だけをとりのぞいて修復する技術があらわれました。

ほとんど歯を削らない極小の治療

むし歯だけを横からとりのぞいたところです。
このような場合、むし歯の菌に感染している歯質は感覚がなくなっているので、削っても痛くないのです。

ほとんど歯を削らない極小の治療

むし歯だけをとりのぞいたところに、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックを詰めたところです。これだけで修復は完了です。

とても簡単なようですが、完全にむし歯をとりきって、なおかつ最小限のダメージにとどめるのは、なかなか難易度の高い修復です。大きく削ってしまう方がはるかに簡単です。今回もカリエスチェッカーを使いながら、確認を繰り返して少しずつむし歯をとっていきました。

そして入り口が小さくて中が広がった穴に、プラスチックを接着させるのも難しいものです。接着材を入れて固めるだけなら簡単ですが、確実に接着の効果を出していくには、こういった窩洞はとても難しいところがあります。小さいからといって1回で埋めてしまえば、接着材が硬化するときの収縮で接着面が窩洞からはがれてしまいます。それを防ぐには、この小さな窩洞を薄いプラスチックで何回にも分けて埋めていかなくてはなりません。

その小ささがこの修復を難しいものにしています。

before

ほとんど歯を削らない極小の治療

after

ほとんど歯を削らない極小の治療

治療前と治療後です。
ほとんど健康の歯にダメージを与えることなく、信頼性の高い接着修復が完了しました。
むし歯の部分だけを削っているので、痛みもありません。ですが、時間はそれなりにかかっています。
小さいから体にはやさしく、小さいために難易度の高い、最小限の治療が現在では可能です。

この方はその簡単さにびっくりされていました。

ページトップへ

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

この方は、昔に歯が欠けたのが長い間そのままになっていたので、受診を機会に治してみよう、ということになりました。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

このように欠けてしまった歯を治す場合、素材と方法について多くの選択肢があります。
素材について言えば、セラミックスなのかプラスチックなのか?
方法について言えば、全体を大きく削ってかぶせるのか?薄く表面を削って貼り付けるのか?それともまったく削らずに接着するのか?
素材についていえばセラミックスが最善です。永遠に変色せず、色調も美しく、透明感にあふれています。表面も滑らかで汚れや細菌が付着しません。強度も十分あり、残った歯質や周囲の歯と調和します。適合精度も高く長期的に安定します。

しかしセラミックスでは削るということが避けられません。(削らずに貼り付ける方式も過去にはありましたが、多くのトラブルもあり、現在ではあまり行われていません)
方法でいうならば、削る量が少なければ少ないだけ、体のダメージは少なくなり、長い目でみると歯は長持ちします。しかし、削る量が少なければそれだけ不安定な構造物になるので、短期的には外れやすい、こわれやすいということになります。
そのため、何を優先するか?ということから打ち合わせを行い、できるだけ削らないということを最優先にすることになりました。
コンポジットレジン(プラスチック)は、ほとんど歯を削らずに接着のみで修復が可能です。
もし外れることがあっても、今以上に歯にダメージがでることもありません。もう一度同じように修復することができます。
しかし反面、お口の中で直接色と形をつくりあげていくため、歯科医師の技量がダイレクトに表現されます。
今回は体へのダメージを最小限にするため、コンポジットレジン修復を行うことになりました。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

フリーハンドで行う場合もありますが、今回は正確さを期してワックスアップした後にシリコンコアを作製しました。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

シリコンコアをこのように当てて、

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

0.3mm程度の薄いクリアなコンポジットレジンでバックウォールをつくります。そしてこの上に3層のベーシックレジンと、数色のアクセントレジンを盛っていきます。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

修復が完了した状態です。
色・形を合わせるのはもちろんのこと、歯の表面を横に走る無数の細かい溝も反対側の歯と同じように再現しています。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

左側面です。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

右側面です。
修復した歯はもともと少し前に出ていたので、それを再現しています。

before

ほとんど歯を削らない極小の治療

after

ほとんど歯を削らない極小の治療

治療前と治療後の写真です。
歯をほとんど削ることなく、美しく機能的に修復することができました。
実際に目にすると、これが人工の歯とは信じられないものがあります。
この治療では、ほとんど歯にダメージがないので、これからの長い年月、何かのトラブルがあっても、再治療は小さなもので済みます。

ページトップへ

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復2

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

この方はある日外傷で受診されました。その当日にぐらぐらした歯をボンドで固定したため、歯の表面にボンドがついています。ぐらぐらも収まって、なんとか残せそうだ、という状態まで回復しましたので、コンポジットレジンで修復することにしました。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

修復が修了した状態です。

この方の歯は非常にキャラクターが強く、色が不均一な状態で若干のストライプ状になっているため、色の再現は非常に難しいものでした。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

右側面です。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

左側面です。
側面から見ても、まったく境目もなく、滑らかに仕上がっています。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

右上の歯は割れていたため、どうしても保存することができなかったため、インプラント治療を行っています。抜歯即時埋入インプラントを行い、

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

スクリュー固定タイプのセラミックスを装着しました。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

裏側にスクリューのアクセスホールが見えます。

欠けた歯をほとんど削ることなく、即時に美しく修復

このような感じで装着されています。

before

ほとんど歯を削らない極小の治療

after

ほとんど歯を削らない極小の治療

治療前と治療後です。

現代のコンポジットレジン修復では、修練次第ではこのような芸当も可能です。

ページトップへ

転んで折れた歯を、破折片とコンポジットレジンで元通りに

小学校から連絡があり、前歯の折れた子供がやってきました。

転んで折れた歯を、破折片とコンポジットレジンで元通りに

かなり激しく折れています。
歯の外傷は、一刻の猶予もなく、すぐに回復しなくてはなりません。
時間との勝負です。

転んで折れた歯を、破折片とコンポジットレジンで元通りに

この子の偉いところは、歯が折れてものすごく痛いのに、そんな時に泣きながらも折れた歯の破片を集めて持ってきたところです。

いくつかの破片が足りませんが、そこはコンポジットレジンで回復することにしました。

転んで折れた歯を、破折片とコンポジットレジンで元通りに

何とか元通りにすることができました。

かなり難易度の高い修復です。準備の期間はありません。
歯髄にダメージが残らない内に終わらせる必要がありました。

before

転んで折れた歯を、破折片とコンポジットレジンで元通りに

after

転んで折れた歯を、破折片とコンポジットレジンで元通りに

治療前と治療後の写真です。

高い技術は人の役に立ちます。
もしこれができなければ、この子の前歯は小学校低学年から差し歯になっていたことでしょう。

この子はこの後帰宅し、お母さんに「今日学校で歯が折れて歯医者さんで治してもらった。」と伝えたようです。

後日経過をみるときにお母さんとお話ししたときに、ことの重大さが伝わらなかったので、治療前の写真を見せると絶句していました。

ページトップへ

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

この方は、奥歯の銀歯が酸化して黒くなってきたのが気になるということでした。

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

写真をとってみると、昔に装着したときの銀色は消え失せ、黒く錆びて酸化しています。
体内に酸化する物質があるということは、有害とは立証されていませんが、よいことではないだろう、といわれています。老化を促進してしまうという研究者もいるくらいです。

このような場合、酸化しない素材、可能ならば美しい素材を用いて治療するのがよりよい結果をもたらします。

考えられる素材としては、コンポジットレジン、ハイブリッドセラミックス、オールセラミックスの3つが考えられます。

素材、ということならば、オールセラミックスが優れています。エナメル質と同じ強度・たわみを持ち、表面が滑らかで清潔、長期間にわたり変色することも磨り減ることもありません。ただし、オールセラミックスは治療回数が2回になること、コンポジットレジンよりは少し歯質削除量が多いこと、少し費用が高いこと、といった短所があります。

コンポジットレジンは、プラスティックなのでエナメル質と同じ強度はなく、表面は若干粗く(顕微鏡レベルで。触るとツルツルです)細菌の付着が起きやすい、長期間の間には変色や磨り減りということが起こります。ただし、治療回数が1回ですむ、歯質削除量が少ない、少し費用が安いという長所があります。

ハイブリッドセラミックスは型取りをするコンポジットレジン、という位置づけなので、形が複雑で、お口の中で直接コンポジットレジンを充填できないときに効果があります。

今回は、最小限の歯質削除、ということをテーマにコンポジットレジンで修復しました。

コンポジットレジンは、修復範囲と、そこにどれだけの力がかかるのか、ということをしっかり計算した上で使うならば、素晴らしい素材になります。
しかし、口の中で直接つくっていくものなので、歯科医師の技量がダイレクトに表現されます。
歯科医師としては、やりがいもあり、怖さもある素材です。

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

丁寧かつ慎重に古い金属を外していきます。今回はほとんど歯質を削らずに外すことができました。

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

充填後の写真です。

歯本来の色と形が再現され、天然の歯と変わらない状態に回復できました。
奥歯の形は咬み合わせにとって、長い人生を健康に過ごすために大変重要な意味をもっています。
ただでこぼこしているのではなく、この溝一本一本、この隆起の一つ一つ、その形と位置が全て機能的な意味を持っています。 その再現を行います。

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

研磨後の写真です。

充填後と形は変わらず、表面の艶だけが違うことがわかります。これは、充填のときに形を完全につくってしまい、研磨のときに削って形をつくるのではないからです。

精度の高い咬み合わせの重要性は、小さなコンポジットレジン修復から広範囲なフルマウス修復まで、何も変わりません。
奥歯の理想的な咬み合わせは、できるだけ小さなスポットで接触すること、球面同士で接触すること、複数の3点接触で三脚のように支えて前後左右のブレを防ぐこと、です。

研磨のときに使われる器具はいかなるものであっても高いところを削れば、よくてフラットになるか、ひどいときには凹面になります。つまり、削って高さをあわせるということは、やればやるほど理想的な咬み合わせから遠ざかるという結果になります。

そのため、「削る咬み合わせ調整」というものは、できるだけ最小限にする必要があります。可能であれば、フルマウスであっても調整なし、というのが理想です。

before

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

after

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

治療前と治療後の比較です。

ただ黒いものを白くしたからきれいになってよかった。という修復ではありません。
結果としての修復範囲は最小限ですが、総合的な歯科治療の原則に従い、全体の診査・診断を行い、審美的・機能的にこの修復がベストであると判断した上での治療になっています。

before

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

after

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

そして初診時と治療後の比較です。

実は両端の歯は、この治療が始まる前にコンポジットレジン修復を行っていました。
ここまでの間に気づいておられたでしょうか?

この方には、美しさに満足されただけではなく、食事がとてもしやすくなったと大変喜んでいただきました。

ページトップへ

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復2

二つ目は同じような修復です。
当院の歯科衛生士の治療ですが、治療前と治療後です。

before

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

after

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復

天然歯と見間違うレベルでの修復となりました。もちろん機能的な面も考慮されています。

たまたま他の歯科医師に口の中をみてもらう機会があり、そのときには、その歯科医師も天然歯だと思い、コンポジットレジンだとは気づかなかったそうです。

たぶん知らされてなければ、私も気づかないと思います。

ページトップへ

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復3

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復3

この方も銀歯が外れたので、きれいにしてほしいとのご要望でした。

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復3

仮の詰め物をはずして内部をきれいにします。

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復3

少しずつ慎重にコンポジットレジンを盛り上げていきます。
美しい色としっかりと咬めて安定する形を同時に作り上げなくてはなりません。

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復3

かなり形が出来てきました。
大きな奥歯(第一大臼歯)は咬み合わせにとって大変重要な歯です。その機能をお口の中で直接形にするのは簡単なことではありません。

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復3

コンポジットレジンを盛り上げました。この時点で形は完成しています。削って形をつくるのではありません。それではしっかりと咬ませることが難しくなります。
後は艶を出すために研磨をしていきます。

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復3

治療後の状態です。
治療したことがまったくわかりません。
しかしここで目指したもっと大切なことは、精密に詰めることで二次う蝕を防ぎ、しっかり咬ませることによってお口の中の力のバランスを整えて、将来のお口のトラブルを防ぐことです。

before

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復3

after

銀歯を外して、即時に白く美しく機能的に修復3

こういった精緻な歯科治療でお口に関わる病気を減らし、人の役に立てることが私たちの願いです。

お問い合わせ メール相談

山脇歯科

〒710-0816
岡山県倉敷市八王寺町37-20

TEL 086-425-5000
FAX 086-476-1755

歯科治療費に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

山脇歯科医院 ネット受付サービス

ページトップへ