山脇歯科

インプラント治療シミュレーション

1本の歯の場合

1本の歯の場合1

1.歯が1本なく、その歯を入れる必要が出てくるのは、事故や歯に関する生まれつきの素因などが考えられます。
しかしながら、顎骨が完全に成長すれば、インプラントによる長期的かつ見かけも自然な治療を利用できます。

複数の歯の場合

複数の歯の場合1

1.中には奥歯を失ってしまった方もいます。歯周病(periodontitis)または以前の詰め物に起因して歯が欠けることが、特に原因となっています。

1本の歯の場合2

2.インプラントが顎骨に埋入されます。健康な歯が影響や損傷を受けることはありません。他の治療では、ブリッジを支えるために隣接する歯が削られる場合があります。

複数の歯の場合2

2.インプラント・ブリッジのためには2本から4本のインプラントが埋入されます。この治療では、患者さん自身の歯に影響が及ぼされることはありません。また、既存の歯の状態にかかわらず、ブリッジは何年もの間機能し続けます。

1本の歯の場合3

3.アバットメントがインプラントに取り付けられます。その後、アバットメントにクラウンが取り付けられ、歯茎の縁にピッタリとおさめられます。

複数の歯の場合3

3.アバットメントがインプラントに取り付けられます。次のステップはブリッジの取り付けです。新しいブリッジがアバットメントに取り付けられます。

1本の歯の場合4

4.これで新しい歯の取り付けは完了です。真に自然な外観を重視した治療では、新しい歯と既存の歯を比べても、実際のところ見分けは付きません。

複数の歯の場合4

4.これで、口の奥の部分で行われる強い咀嚼力に耐えるインプラント・ブリッジが設置されました。実際、このブリッジは本物の歯と同様の感触と機能を備えています。

すべての歯の場合

すべての歯の場合1

1.上下両方、または一方のすべての歯を失ってしまっている場合には、永久的に固定されるインプラント・ブリッジ、あるいは複数のインプラントに取り付けられる取り外し可能な義歯のどちらかを選ぶことができます。後者はオーバーデンチャーと呼ばれています。このタイプのオーバーデンチャーは、従来型の取り外し可能な義歯よりもしっかりと固定されます。しかしながら、条件さえ合えば、もっと自然に見えるソリューションとしては、永久的に固定されるインプラント・ブリッジが効果的です。

インプラント・ブリッジの場合

すべての歯の場合2

2.永久的に固定されるインプラント・ブリッジの場合、良好な土台を形成するために複数のインプラントが埋入されます。インプラントは顎骨に埋め込まれるため、骨組織を刺激し、健全な骨レベルや顔の形の維持に貢献します。

オーバーデンチャーの場合

すべての歯の場合6

オーバーデンチャーの場合、複数のインプラントが埋入され、義歯を設置する頑丈な土台として使用されます。

すべての歯の場合3

3.アバットメントがインプラントに取り付けられ、ブリッジが固定されます。歯の治療は、患者さんの要件や希望に基づいて行われます

すべての歯の場合5

オーバーデンチャーの場合は、ボールアバットメント、またはアバットメントの間に取り付けられた小さなバーが使用されます。義歯の下に取り付けられた対応する装置に固定されます。

すべての歯の場合4

4.これでインプラント・ブリッジまたはオーバーデンチャーが取り付けられました。本物の歯と同様の外観と機能を備えています。これで、義歯が外れることを心配せずに、好きなものを何でも食べたり笑ったりすることができます。

お問い合わせ メール相談

山脇歯科

〒710-0816
岡山県倉敷市八王寺町37-20

TEL 086-425-5000
FAX 086-476-1755

歯科治療費に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

山脇歯科医院 ネット受付サービス

ページトップへ