山脇歯科

インプラント とは

何らかの理由によって失われてしまったご自身の歯の変わりに、インプラントを土台として人工の歯によって補う治療法です。

歯科治療におけるインプラントは何も新しいものではありません。

実際、1960年代以降、上顎または下顎の特定の1本の歯、複数の歯、あるいはすべての歯を置き換える一つの方法として、インプラントが使用されてきました。

インプラントはチタン製で小さなスクリューの形状をしています。

implant image04

チタンは人体と馴染みのよい金属で、骨組織と結合する特質を持ち、それには十分な研究結果があります。

当院で使用しているアストラテックインプラントは、1985年から開発に取り組み、その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。

implant image05

それではインプラントのパーツを詳しく見てみましょう。

implant image01

チタン製インプラント=新しい歯の歯根

インプラントとは、顎骨に埋入されるチタン製スクリューの別名です。
インプラントの長さや太さは、骨の量と顎の大きさによって決まります。

implant image6

アストラテックインプラントの表面性状は、世界最高レベルの骨結合をもたらします。

implant image2

アバットメント=連結部分

アバットメントはインプラントと人工の歯を連結する部品です。
アバットメントには色々な種類があります。

implant image7

アストラテックインプラントのアバットメントは、数あるインプラントシステムの中でも最高の連結精度を誇ります。

implant image3

クラウン・ブリッジ=人工の歯

インプラントとアバットメントの準備が整ったら、いよいよクラウン・ブリッジ、あるいは上顎または下顎全体の義歯を固定させることになります。
治療の範囲に関わらず、長期にわたって定位置に保持される歯を獲得できます。

人工の歯には色々な種類があります。

implant image7

  • 前歯のかぶせもの(クラウン)一覧表
  • 奥歯のかぶせもの(クラウン)一覧表

お問い合わせ メール相談

山脇歯科

〒710-0816
岡山県倉敷市八王寺町37-20

TEL 086-425-5000
FAX 086-476-1755

歯科治療費に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

山脇歯科医院 ネット受付サービス

ページトップへ